尼崎市園田の内科、在宅診療、訪問診療なら『上田クリニック』へ。一般内科(風邪、頭痛等)、生活習慣病(糖尿病、高脂血症・脂質異常症等)、循環器疾患(不整脈、高血圧等)、胃カメラ、便秘、予防接種、健康診断等に対応いたします。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

慢性閉塞性肺疾患(COPD)は呼吸器系の慢性疾患の一つです

慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease, COPD)は、呼吸器系の慢性疾患の一つであり、主に喫煙や長期間の空気汚染などによって引き起こされる肺機能の進行的な障害です。
COPDは気管支炎や肺気腫の2つの主要な病態で構成されています。

気管支炎について

気管支炎は、気管支の炎症と狭窄(きょうさく)によって特徴づけられます。
喫煙や空気中の有害物質によって気管支が長期間刺激されることで、炎症が起こり、気管支の壁が厚くなり、粘液が増加します。
これにより、気管支が狭くなり、呼吸が困難になることがあります。

肺気腫について

肺気腫は、肺組織の損傷と肺胞の異常拡張によって特徴づけられます。
喫煙や有害物質の暴露により、肺の壁の弾力性が低下し、肺胞が破壊されます。
破壊された肺胞は通常の機能を失い、肺の体積が増加します。
これにより、肺の通気性が低下し、酸素と二酸化炭素の交換が困難になります。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の主な症状

症状は個人によって異なり、程度、進行も段階によって異なる場合があります。
下記のような症状が日常生活に影響を及ぼす場合、早期に医師の診断と適切な治療を受けることが必要です。

  • 慢性的な咳
  • 喀痰(かくたん・黄色や緑色をしている痰)
  • 呼吸困難
  • 息切れ
  • 胸部の圧迫感
  • 慢性的な疲労感
  • 体重減少
PAGETOP
Copyright © 2024 上田クリニック All Rights Reserved.